【兼展示会告知】「第一回 枡×アート展」/文化・伝統の現代的問い直し

 「第一回枡×アート展」なる企画イベントが横浜美術大学ギャラリーにて、9月5日より開催されます。
 イベントそのものは「枡」をテーマとした学生によるアートコンペティションで、恐らくは非常に地味な企画展です。枡をテーマとしてアートという視点から問い直す、という試みとしては面白いと思いますが、主催・企画者の意図とは別に以下を考察してみたいと思います。
 
 枡は本来尺貫法の単位である体積を図るための道具でした。尺貫法は距離や重量、容積といったものを「単位」として統一する、云わば文化圏統一と社会構築のための制度であり、その共通性がそのまま支配領域の文化的地理的区域にも繋がる側面があります(現在では基本的にはメートル法等の国際規格が浸透しています)。そして同時に年貢収量にも用いられる、農民(という大多数の存在)と公(朝廷や幕府)を繋ぐ、云わば私と公の接点としての役割も果たしていました(自給自足でその上位に統治体系が無い場合、このような度量衡単位の統一はそれほど必要とされません)。それらの単位が正確性という意味で画一化されるのは実際には近代を待たねばならず、度重なる統一の企図にも関わらず、結果としてそれらは必ずしも実際的統一性が徹底できたわけではありません。しかし、単位として大きな意味を持ち、またその測量の道具が重要な位置づけであったこと自体は事実です。
 
 このような歴史・文化的背景を持ちながら、実用的意味に於いては現代では「枡」そのものはそれほど重要さを持っているわけではありません。展示会を企画している大橋量器には申し訳ないのですが、その点については事実でしょう。従って「枡とアートを掛け合わせたら何が生まれるのか。そんな切り口から枡を見つめ直し、新しい枡を問いたい」という趣旨の提示は、学生によるアートコペティションとしては致し方ない主題設定だと思いますが、そこで生まれる「新しい枡」とは一体何でしょうか。
 本質としてアートが思想や社会背景無しには成り得ないジャンルであることを考慮すると、「枡とアートを掛け合わせ」ることで新しい「何か」が生まれるわけではなく、寧ろ「枡をアートとする」ことそのものが問い直しそのものを意味することになると思います(主催・企画批判ではありません、念為)。大橋量器のウェブサイトの「ますギャラリー」を見ても解るように、枡そのものは極めてシンボライズされた存在となっています。実用性よりも象徴性の意味合いの方が、より大きいと言えます。
 この点に焦点を据えた場合、枡の持つ象徴性は、云わばグローバリズムやエスノセントリズムに対してのサンボリズムのような位相を持ち得る可能性があります。近代国民国家としてのネーションとグローバリズム、或はしばしば神話として持ち出される単一民族・単一文化といった重層性を否定する文脈に於けるエスニックという、本邦が抱えるいくつかの矛盾と相克に対して、それをより超越的包括する共同体(或は共生社会)のシンボルとして、ある種の伝統や文化を同化主義に陥らず高次に昇華するカルチャーシンボルとしての一つのアートの主題にも成り得るとともに、それをアートという芸術家の私的営為で問い直すことでソーシャルに接続し直すという意味で、それを現代にコンシューマリズムでもなくコマーシャリズムでもない価値を再構築することもできるでしょう。
 「日本」のカリカチュアではなく、本来持っているはずの重層性を体現するためのプライベートとパブリックをソーシャルに於いてブリッジするシンボルという意味で、レトロスペクティブではなく、寧ろモダニズムに対して生起したポストモダニズムが結果としてオーソライズされるが故に陥ったイデオローグの陥穽を超えた、一種のレミニセンス・リプロダクトとモダニズムではなく、リアルタイムに現代的意味でのモダンアートとも成り得るように思います。また、消費社会に於いて、プロダクト(工業規格)の意味合いさえ持つ「枡」という存在を、デザイン(非マスプロダクト)として位置づけ直すという作業は、寧ろ必要なことでもあると思います。
 
 最近しきりに「文藝」や「教養」の復興、再構築の必要性に触れることが多い自分ではありますが、是非狭義のアートという点に囚われず、より大きなソーシャルアートとして昇華されることを祈りつつ、勝手に展示会告知とさせて頂きます。
 なお、自分は一切本企画展に関与しておりませんので、本稿に対する批難・抗議等を含めた一切の感想は企画主催者・展示会運営者へ持ち込まぬよう各位にお願いする次第です(自分は日時の都合で会場に行けるかどうか不明ですので、本稿以上の言及は行わないことをご容赦ください)。
 
◆枡×アート展
会期:2014年9月5日(金) – 9月14日(日)
時間:11:00 – 18:30
会場:横浜美術大学大学ギャラリー(3号館B1F)
   オープニングパーティー 9月5日(金) 17:00~

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中