【ネタ】東芝から政権の思惑を考える

 東芝が揺れに揺れている。
 異例とも言える監査法人の意見不表明での決算発表となった。2度の延期に加えて今回の発表であるから、東芝としては刻限もあるので出さざるを得ないという感じであろうか。しかし、ここはもう少し掘り下げた方が良いだろう。
 半導体事業の売却も示唆されているが、先日アメリカでフラッシュメモリの特許侵害疑義が指摘された直後でもあるし、それを受けて、わざわざ世耕経産相が「間に入ることはない」とステートメントを加えている点は留意点である。アメリカファーストを掲げるトランプ政権との間で無用の摩擦を生じることが無いよう、対米協調路線に変更が無いことや経済摩擦を引き起こさないよう、米政権に向けたメッセージと考えるべきだろう。
 
 ここから一つの視点として、東芝が政権の観測気球になっているという見方も出来よう。意見不表明での決算レポートは、そのレポート自体に重大な瑕疵を抱えている。客観的検証に欠くレポートだからだ。そのような根拠に欠くレポートを市場に出すということは、それだけで一つの政権のベンチマークの役割を果たしていることが解る。
 もし東芝が政権のベンチマークとしての役割を果たしているならば、このような再三に渡る延期の末に出されたレポートが何のベンチマークになっているかは、自ずと明らかだろう。つまり「根拠や客観性を欠くレポートがどの程度まで許容され得るか」という点である。上場廃止が線上にある東芝はその点で優秀なベンチマークとなる。根拠不明な話が流布している、いわゆる「森友問題」である。
 本件において、財務省は繰り返し破棄した、消去したという抗弁を行い、あろうことか「自動的に消去されて復元できないシステムになっている」とまで言いながら、昨日になって一転して「データは復元できるかもしれない」と示唆したのは、決して偶然ではない。東芝の客観性が担保されない決算レポートがどの程度市場で容認されるか次第で、「どの程度までデータ復元と称して虚実を混ぜた内容を出せるか」という点で、非常に優秀なベンチマークである。「出せない」「延期」と決算レポートを先延ばしにした挙句に何等の客観性もないレポートを出してきた東芝と、「消去した」「復元不能」と繰り返してきた財務省の『データ復旧』は、「どの程度まで信頼性に欠くレポートが許容され得るか」という点ではベンチマークである。都合の良いことにデータ復旧可能かどうかは6月というシステム更新の刻限があり、刻限になったら「ではここまで出せますので」というレポートを出せば済む話であり、その受容の度合を東芝で試しているとも言える。ここにおいて、「自動消去システム」という謎の仕様は、些末な問題である。東芝が圧力を掛けて損失を過少評価させようとしてきたことが意見不表明レポートという点で雲散霧消してより大きな上場維持問題に収斂されたように、自動データ消去システムなる謎仕様の抗弁は今や大した問題ではない。
 客観的に見れば証拠とするには著しくその妥当性が怪しい振込票や(そしてそれをやったところで贈収賄にさえならないそれや)、比較的容易に改竄可能なメールのやりとりなどを考慮すれば、「どの程度客観性が無い情報で通せるか」は政権側にとっても重要なテーマである。手仕舞いを急ぎたいとなれば猶更だ。
 
 思えば、東芝を巡って政権がベンチマークとしてきたのは今回に限らない。経産相が社外取締役の機能強化を模索し始めたのも、東芝が発端とさえ言える。改めて思い返せば、そもそも東芝の役員は原発を巡って相当にキナ臭い布陣だったではないか。
 今回の件に限らず、東芝はそれ自体、常に政権のベンチマークの観測気球として、世論の反応を探り、都合の良い「程度」を探るための役割を果たしてきたのだ。数多の国策に順応してきた企業同様、東芝もそうであるに過ぎないだろう。そして、そう見ることこそ、政権が何を測りたいのかが見えてくるだろう。そう、今この瞬間、如何に「根拠のない都合の良い情報が受容され、見過ごすかが試されているのだ。フェイクニュースなどと言ってリテラシーを試している場合ではない。最早国を挙げてそれが試されているのだから。

 本稿は以下のツイートを元に書いた、全編ネタ記事です。
作品の解釈、製作年代、各種の関連性や企業方針等、一切事実かどうかは関係なく、また曲解とあからさまな誤認、そして論旨に都合の悪い部分の一切の無視を行ったうえで、ネタとして書いております。ご了承ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中